インプラント > 基礎知識

適応症例について

インプラントはどのような人に適しているのでしょうか。
また、治療を受けたくても治療が困難なケースはどのような場合でしょうか。

歯が1本ない場合

歯が一本ない場合、ブリッジにすると両隣の健康な歯を削る必要がありますが、インプラント治療では欠損部分に一本埋め込むだけです。

“失われた1本の歯根の代用品”としてインプラントを1本だけ使って失った歯の部分を修復する方法は、最も洗練された治療方法であり、審美的にも満足のいく結果が得られます。
最近ではセラミック製のアバットメントやプロセラなどのオーダーセラミックアバットメントにより、天然歯と見分けのつかない審美性が得られます。

 

このページのトップへ

歯が数本ない場合

歯が数本ない場合、部分的な入れ歯及びブリッジという治療方法も考えられますが、多くの場合インプラントが理想的な解決方法となります。部分的な入れ歯の場合、骨の状態と咬み合わせの状態によって必要な本数を割り出します。それによって仕上がりが決まります。
骨が弱い場合はGBRなどの再生療法を行います。

このページのトップへ

歯が全部ない場合

通常歯が全くない場合は総入れ歯ということになります。しかし総入れ歯には支えがなく、ただ乗っている状態です。唾液で口蓋(口の中の天井部分)の粘膜に張り付いているだけですので、食事など日常生活に支障をきたすのは当然です。
インプラントを数本埋め込むことで、入れ歯をしっかりと固定することが出来ます。
顎の状態がよい方ならさらに数本埋め込むことで入れ歯というよりも差し歯としての感覚が期待出来るでしょう。

このページのトップへ

インプラントが行えないケース

治療は誰に対してもできるのでしょうか?
技術の進歩によって難症例も対応できるようになり、 基本的には歯が欠損しているどなたにでも適応できるようになりました。ただし、顎の骨が痩せて細くなってしまった方、上顎洞が大きい方などは、GBR(骨誘導再生法)やソケット・リフト(増骨)など、特殊な手術が必要になる場合があります。 ただし、全身に以下の疾患がある方は、手術を見合わせた方が良いでしょう。
 

年齢

骨に埋め込むため治療であるため、骨の成長が終わっていない10代の方に対してはあまりお勧めできません。
逆に高齢の方に対しては骨の量および質さえあれば何歳でも可能です。
80歳を超える高齢者の治療例も報告されています。また、交通事故やスポーツなどのけがで歯を失った若年層の治療も、多くみられます。

妊娠

レントゲンや麻酔を必要としますので、出産後に治療を行いましょう。

糖尿病

糖尿病の場合、細菌の浸入に対して抵抗力が落ちるため、治療後に歯周病になる確率が高くなります。糖のコントロールができていれば治療は可能です。
現在、学会で推奨している数値は、HbA1Cが6.5以下と言われています。

高血圧

降圧剤等を用いて血圧がコントロールできていれば問題ありません。また、血圧が安定している時期であれば手術は可能です。
術中、術後の管理に降圧剤等の準備が必要です。一般的に高血圧の人は術後の腫脹が起こりやすいです。

※他にも内科的疾患をお持ちの方は、主治医と良く相談される事をお勧めいたします。

このページのトップへ

ご相談・お問合せ

不安や疑問を残さず、何でも
気軽にご相談ください。

無料メール相談