インプラント > 基礎知識

ブリッジとの違い・比較

歯を欠損してしまった場合、従来ではブリッジという治療法が多く使われていました。
そこで、インプラント治療とブリッジの違いをご説明します。

項目/治療法 インプラント ブリッジ
  インプラント ブリッジ
特徴 歯の根の代わりになるチタンの棒を骨に埋め込みその上に歯をかぶせていく方法 失った歯の両側の歯を削り、冠を橋渡しすることによって失った歯を補う方法
長所
  • ・発音や発声がしやすくなる
  • ・長期間、安定した咬み合わせを保つことができる
  • ・自然の歯と同じような機能、感覚を回復できる
  • ・顎の骨が衰えるのを防ぐ
  • ・食べ物や飲み物がとても美味しく感じられる
    発音や発声がしやすくなる
  • ・固定式なのであまり違和感がない
  • ・セラミック製の場合は、天然の歯のようにきれい
  • ・治療期間が短い
短所
  • ・自由診療のため治療費が高い
  • ・骨への結合期間を含めると治療期間が長い
  • ・手術が必要である
  • ・両側の歯を健康な状態であっても削らなければならないため、両側の歯の寿命を短くする可能性がある
  • ・歯の抜けたところのアゴの骨が痩せる可能性がある
  • ・支えとなる歯に大きな負担がかかる
治療期間 アゴの状態によって異なるが通常4ヶ月から1年くらい 周囲の歯の状態によって異なるが通常3週間から2ヶ月くらい
審美性 天然の歯に近い見た目 セラミック製の場合は天然の歯に近い見た目。保険診療の場合は銀歯
費用 保険適用ではないので自由診療になる 保険適用だが、セラミック製の場合は保険適用外で自由診療となる
手術 有り(抜歯程度) なし

このページのトップへ

ご相談・お問合せ

不安や疑問を残さず、何でも
気軽にご相談ください。

無料メール相談