インプラント > 基礎知識

入れ歯とインプラントの比較

歯を欠損してしまった場合、従来では入れ歯という治療法が多く使われていました。
そこで、インプラント治療と入れ歯の違いをご説明します。

項目/治療法 インプラント ブリッジ 総入れ歯
  インプラント ブリッジ 総入れ歯
特長 歯の根の代わりになるチタンの棒を骨に埋め込みその上に歯をかぶせていく方法 失った周囲の歯に金属の留め金を付けて、取り外しの人工の歯を留める方法 取り外しの人工歯を顎上に乗せる方法
長所
  • ・長期間、安定した咬み合わせを保つことができる
  • ・自然の歯と同じような機能、感覚を回復できる
  • ・顎の骨が衰えるのを防ぐ
  • ・食べ物や飲み物がとても美味しく感じられる
  • ・発音や発声がしやすくなる
  • ・材質によっては保険診療の範囲内となる
  • ・治療期間が短くてすむ
  • ・材質によっては保険診療の範囲内となる
  • ・治療期間が短くてすむ
短所
  • ・自由診療のため治療費が高い
  • ・骨への結合期間を含めると治療期間が長い
  • ・手術が必要である
  • ・周囲の歯に留め金をかけるため、大きな負担が健康な歯にかかる。
  • ・歯を失った部分の骨がやせる。
  • ・異物感がある。
  • ・食べ物が食べ辛い。
  • ・顎の骨がやせる。
  • ・顎の骨がやせてくると、口元にしわがよりやすい。
  • ・異物感がある。
  • ・食べ物が食べ辛い。
  • ・硬いものが食べられない。
  • ・浮き上がる、外れる心配がある。
  • ・外出先などでも取り外しをしなければならない。
  • ・入れ歯は自分の歯の20〜30%の能力しかない。
  • ・硬い食べ物を食べると入れ歯が外れてしまう。
  • ・かみ心地(咬合)がよくない場合もある。
治療期間 長い 短い 短い
審美性 天然の歯に近い見た目 バネが見える部分もある 入れ歯が浮き上がることもある
費用 保険適用ではないので自由診療になる 材質によっては保険診療の対象となる 材質によっては保険診療の対象となる
手術 有り(抜歯程度) なし なし

このページのトップへ

ご相談・お問合せ

不安や疑問を残さず、何でも
気軽にご相談ください。

無料メール相談