インプラント > 基礎知識

世界中に100種類近くある

世界中に100種類近くあり、それぞれさまざまな特徴を持っています。
ここでは現在日本で治療を受けることの出来る代表的なインプラントを簡単に紹介します。

代表的なインプラント

メーカー 形状 手術回数 表面性状 材質
I.T.I シリンダー
スクリュー
1回法
(2回法)
TPS,ブラスト+
エッチング
純チタン
I.T.I I.T.Iインプラントシステムは、1回法の代表的なインプラントです。
骨との接触がとても良好であるといわれ、日本人などアジア系の小さなアゴの骨に特に適していると評判のインプラントです。
アストラテック スクリュー 1回法又は
2回法
チタンブラスト 純チタン
アストラテック アストラテックインプラントシステムは、シンプルな術式でさまざまな状況において、機能と審美性を長期において維持できるよう工夫されています。
手術時の骨の状況により1回法と2回法のいずれかを選択できる仕組みになっており様々な状況にも対応できる信頼性の高いシステムとなっています。
AQB シリンダー 1回法 HAP 純チタン
AQB AQBインプラントシステムとは、1回法1ピース、フィクスチャー部にハイドロキシアバタイトコーティングを施した、シンプルで確実性の高いインプラントです。骨とのオッセオインテグレーションが早期に獲得でき、最終補綴まで短期間であること、植立、補綴に関してもシンプルな考え方で処置できることを特徴としています。
プラトン スクリュー 1回法又は
2回法
ブラスト 純チタン
プラトン プラトンインプラントシステムは、日本人の患者のために日本の臨床医が生み出したシステムです。プラトンインプラントシステム開発のベースとなっているの は、日本の優秀な精密機械工学であり国内の多くの企業群と幅広いネットワークにより、精密で高いレベルの製品を低コストで提供することに成功しています。
ブローネマルク スクリュー 2回法 ブラスト 純チタン
ブローネマルク ブローネマルクインプラントシステムは、30年以上の歴史を持つ世界で一番信用されているインプラントです。歴史が長いだけにシステムも確立されており、骨の厚み、高さがあればどんな難症例もこなせると言われています。
エンドポア 円錐シリンダー 2回法 多孔被覆 チタン合金
エンドポア エンドポア・インプラントの特徴は、表面に金属ビーズを数層溶着させた表面多孔質にあります。この表面性状により、一般的なインプラントの表面積よりも 3〜4倍広い表面積を獲得してます。広い表面積の獲得が、短いサイズの人工歯根での幅広い症例に対応することを可能にしています。

このページのトップへ

ご相談・お問合せ

不安や疑問を残さず、何でも
気軽にご相談ください。

無料メール相談