インプラント > 基礎知識

上部構造補綴物・アバットメント・フィクスチャー

インプラントの3つの部位

画期的な治療法としてメディアに登場する回数も多くなってきています。でも、インプラントって何?という方も多いのではないのでしょうか。そのような方向けに簡単に解説してみましょう。

インプラントの構造

インプラントの構造としては、おおむね上部構造、アバットメント(支台部)、フィクスチャー(歯根部)の三つに分けられます。

 

このページのトップへ

上部構造補綴物(人工歯)

上部構造補綴物(人工歯)

上部構造補綴物は、白い素材が主となります。
白い歯の素材としては、内側に金属の裏打ちのあるメタルボンドと、セラミックだけでできているオールセラミックスなどがあります。

画像提供:ノーベルスマイル

 

このページのトップへ

アバットメント(支台部)

アバットメント

フィクスチャーの上に取りつけられる部分で、セラミッククラウン等の上部構造を支える役割を果たします。通常チタンかチタン合金製ですが、審美性に優れたセラミック製のものもあります。

画像提供:ノーベルスマイル

 

このページのトップへ

フィクスチャー(歯根部)

フィクスチャー(歯根部)

直接、歯槽骨の中に埋められる部分で、チタンかチタン合金で作れらています。太さは約4mm、長さは約1cm位です。チタンは、非常に生体親和性が高いため、金属アレルギーの方も安心して治療が受けられます。

画像提供:ノーベルスマイル

 

このページのトップへ

ご相談・お問合せ

不安や疑問を残さず、何でも
気軽にご相談ください。

無料メール相談