インプラント > SDC通信バックナンバー > SDC通信 Vol.2(2009年08月15日発行)

SDC通信Vol.2

参考文献(A・B・C)

著作権保護のため、非公開

ちょっとひと息、夏の健康コラム

夏の暑い中、クリニック経営に患者の治療にとお忙しい先生方、冷えたビールでストレスを発散されていらっしゃる先生方も多いかと。
正しい飲み方で、体にいい食習慣を身につけて下さい。

先生方はすでにご存知かとは思いますが。。

お酒を飲んだ後に、ラーメンを食べたくなるのは理由があります。
お酒を飲むと、血糖値が下がってお腹がすくからです。
人はお酒を飲むと、肝臓でアルコールを分解するためにブドウ糖を欲します。
そのため、血中の糖分が消費され、血糖値が下がるのです。
血糖値が下がると、今度は脳が反応します。 空腹でないにもかかわらず、血糖値を上げようとするのです。

その結果、ラーメンなどの炭水化物が食べたくなります。
お腹がすくわけではないのに、 糖分を取りたいがためだけに、体が「食べること」を求めるのです。 ビールにはカリウムが多く含まれ、 ナトリウムが少ないことも見逃せません。
多くの人はビールをたくさん飲んでカリウムが多くなると、 ナトリウム(塩)を欲します。 ですから、ビールを飲むと塩分を多く含むラーメンが食べたくなるのです。 ラーメンは炭水化物や塩が多いだけではなく、脂分も多いといわれます。 脂分が多いと、消化が悪く胃腸に負担がかかります。

ビールの後に血糖値を上げ、胃腸に負担がかからないようにするには、 和食のおにぎりやソバが適しています。
ラーメンをよく食べる人は、これからはソバにしてみては。 きっと、翌朝の体調が見違えるほど良くなるはずです。
ビールのおつまみも、カリウムとナトリウムのバランスをとるために、 塩分を含むものがいいでしょう。

さらに、注意したいことがあります。
ビールを飲みすぎると、栄養のバランスが崩れやすくなります。 ビールには、カリウムやビタミンBなどがたくさん含まれていますが、 その他の栄養素は足りません。
そこで、おすすめなのが「枝豆」。 枝豆にはビタミンCやタンパク質が含まれ、 ビールにぴったりです。 食欲を満たすために、唐揚げなどのおつまみを食べがちですが、 極力、枝豆を食べられては。

院長先生方が体調を崩されると大変です!
この夏から取り組んで、どうぞお身体ご自愛下さい。。。

このページのトップへ

医療経営のための20のチェックポイント

著作権保護のため、非公開

松本健先生のワンポイント講座

歯科医師 百木広太の労務カルテ #2 <労基署の立入検査‐1>

〜 前回までのあらすじ 〜

『歯科医院 モコ・クリニック』に、労働基準監督署から電話が掛かってきた。労働基準監督官がこちらに来て調査をしたいという。院長を務める『歯科医師 百木 広太(ももき・こうた)』は、先日、1人の歯科助手を解雇したことを思い出した。当然ながら調査を断るすべも無く、後日、監督署の監督官がクリニックに立入検査に来ることになった。

 

 立入検査の日、監督官は、約束の時間よりやや早めにやってきた。「こんにちは、お忙しいところすみません…」電話のときと同じくボソボソとした話し方だ。背中をやや丸くして歩く様子から少し老けて見えるが、おそらくはまだ40代だろう。着ている薄いグレーのスーツには、しわが目立つ。

 「まず、労働者名簿と雇用契約書または労働条件通知書の控え、それから出勤簿と賃金台帳を見せて下さい」いきなりの要求に少し面食らった広太はモゴモゴと返答した。「労働者名簿って、スタッフ名簿でいいですか? 雇用契約書? うん、それならファイリングしてあるはずだな。 それから出勤簿って、 えーと…」「出勤簿はタイムカードがあればそれでいいです。賃金台帳は、給与明細書の控えでもいいですよ。」相変わらずボソボソと話しているが、先ほどよりは少し強い口調だ。「とりあえず、すぐにご用意いただけるのであれば、雇用契約書から拝見しましょうか…」

 広太は、キャビネットからファイルを取り出して中身を確認した。違う、これじゃない。取り出しては戻し、また取り出しては戻しを何度か繰り返して、やっと探していたファイルを見つけた。「これが雇用契約書のファイルです」と言って手渡した。監督官がファイルを開くと、A4サイズの紙の上部に大きく横書きで「雇用契約書」と書いてある。その下に、スタッフの氏名・入社日・出勤日・勤務時間・給与の額が記載されて、最下段に 院長 百木 広太と、スタッフの名前が記載され、その横にそれぞれの印が押してある。広太が開業する時に、先に開業していた学生時代の仲間に聞いたりしながら作成したもので、シンプルで分かりやすいと密かに自負していた。

 広太に渡されたファイルを無造作にめくりながら監督官が尋ねた。「これ以外に労働者に書面で提示しているものはありますか?」「いいえ」「労働者を雇入れる際に書面で通知しなければならない事項は労働基準法で定められているんですよ。この雇用契約書には、退職に関する事項等について記載がありませんね」と言いながら、監督官はカバンから1枚の紙を取り出し、話を続けた。「これは労働条件通知書というものの一例です。この用紙を参考に、不足している部分を改善して下さい」

 渡された「労働条件通知書」を見ると、A4サイズの用紙の両面に文字がぎっしりと印字されている。広太は、さっと目を通して質問した。「この中に、詳細は就業規則を参照することとして、詳細の記載を省略している箇所がありますね。うちには就業規則が無いのですが…」「その場合は、詳細の記載を省略することはできません。雇用契約書や、労働条件通知書などの労働者に提示する書面に、詳細の記載を行っていただく必要があります」監督官の声は強くハッキリとした口調になっている。最初のボソボソとした話し方はいつの間にか消えていた。

 広太は、今度は「労働条件通知書」をよく読んだ。詳細の記載を省略できないとなると、これはやっかいだ。「すいません、この『退職に関する事項』って、詳細を記載するとなると、どんなことを記載するのでしょうか?」「退職の事由および手続、解雇の事由等を具体的に記載することが必要です」「わかりました。この「労働条件通知書」を参考にして、雇用契約書の書式を見直すことにします」

 その後、監督官は、様々な書類を見たり、スタッフから話を聞いたりして調査を行った。そして、帰り際に広太に1枚の紙を渡した。

≪次回に続く≫

〜 解説編 〜

○ 労働基準監督署の立入検査とは?
 労働基準監督署の監督官は、事業場に訪問して、帳簿書類の提出を求めることや、使用者や労働者に対して尋問をすることができるとされています。一般には、「臨検調査」とか、「立入検査」などと呼ばれています。

 検査の種類は、主として次の2つに分かれます。1つは、労働基準監督署がその年度の検査方針等を基に、業種や検査項目を絞って検査を行う「定期監督」と呼ばれるものです。もう1つは、重大な労災事故が起きた場合や、労働者からの申告(いわゆる「タレコミ」)があった場合などに行われる「申告監督」と呼ばれるものです。労働者からの申告の例として多いのは、「不当に解雇された」、「残業代を支払ってくれない」や、「有給休暇を取らせてもらえない」などです。

○ 労働条件の書面提示義務
 使用者は、労働者を採用する場合には、以下の労働条件を労働者に書面で交付して明示しなければなりません(労働基準法施行規則第5条)。

具体的には次の項目です。

  1. 雇用期間
  2. 就業の場所
  3. 従事すべき業務の内容
  4. 始業・終業の時刻
  5. 所定時間外労働の有無
  6. 休憩時
  7. 休日
  8. 休暇
  9. 就業時転換(交替制の場合のみ)
  10. 賃金(基本給額、諸手当の額・計算方法、割増賃金率、賃金締切日・支払日、支払方法)
  11. 退職に関する事項(解雇の事由含む)。

なお、非正規労働者の場合は若干異なります。

 労働条件の書面提示義務が課せられている項目は、労働時間、休日、給与など、いずれも労働者の関心の高い労働条件ばかりです。それだけに、この書面提示をおろそかにすることで発生する労使トラブルが後を絶ちません。雇い入れの際や、労働条件が変更した際には、必ず書面を作成して労働者に提示するようにして下さい。

社会保険労務士 松本 健・著
特定社会保険労務士 横田 真保美・法律監修

このページのトップへ

SDC事務局より

SDC事務局からのお知らせ

SDCサイトがYahoo!カテゴリ登録の審査に
合格いたしました。

<登録カテゴリ>
  東京都墨田区 > 企業間取引 > 歯科

Yahoo!カテゴリ登録は、ユーザーへの信頼と安心を感じていただけると共に、SEO対策上優位であることからアクセス数向上も期待できます。
各クリニック様のご紹介、ホームページへの流入など、より多くの患者様に知っていただけるよう、今後も対策を進めて参ります。

SDCのURL    http://www.sdc-japan.com/

第2回SDC総会・懇親会のお知らせ

平成21年11月1日(日)
総会  13:00〜17:30 / 懇親会 17:30〜20:30
会場は六本木ヒルズクラブ(the French cellar)

・外部講師による講演
*医業経営コンサルタント・八児正紀先生
・症例検討会
*しろもとデンタルクリニック名古屋院院長 野村六也先生
*こうざと矯正歯科クリニック院長 上里聡先生
・質疑応答
*議題を募集しております。協議したい内容・質問事項を下記窓口までご連絡下さい。
・交流会(立食ブッフェ)
【SDC事務局】

運営:フォーユーメディカル株式会社

〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町11-8 日本橋118ビル6F

TEL:03-5645-8338(担当:藤原)

E-mail:info@sdc-japan.com

このページのトップへ

SDC通信 バックナンバーはこちら

ご相談・お問合せ

不安や疑問を残さず、何でも
気軽にご相談ください。

無料メール相談