インプラント > SDC通信バックナンバー > SDC通信 Vol.7(2010年1月15日発行)

SDC通信Vol.7

新年ご挨拶

謹んで新春のご挨拶を申し上げます。

昨年中はSDC会員の先生方には、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。年頭に当り、一言ご挨拶を申し上げます。
SDC設立後、先生方のご協力のおかげで、2回の総会・交流会も無事終えることができ、誠にありがとうございました。

現下の経済危機 の中、消費者の歯科医療に対する意識も大きく変化し続けております。SDCの設立目的である、高い倫理意識を持った歯科医師同士が手を取り合い、医療技術を向上し強固な連携を育み、医療サービスの進歩普及に貢献することで、歯科治療を受けられる患者に安心をお届けすることができると信じております。

今年も日本経済においては大変厳しい状況が続くと予想されますが、 SDCでは「飛躍の年」とし、さらなる革新を目指し、日本の歯科医療全体の進歩に寄与できるよう、 SDCの発展に全力で取り組む所存でございます。
本年も引き続き、ご支援いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。

先生方のご発展と益々のご健勝を心よりお祈り申し上げ、ご挨拶とさせて頂きます。

フォーユーメディカル株式会社
代表取締役 廣田祥司

 

このページのトップへ

新アドバイザー紹介

患者満足度調査スペシャリストのスナッジ・ラボ株式会社代表取締役 前田 泉様 にSDCアドバイザーとなっていただきましたので、ご紹介させていただきます。

前田 泉

前田 泉

東北大学卒。
英国国立レスター大学経営学修士課程修了(MBA)。
外資系製薬会社にてマーケティングに従事後、2004年5月に医療分野に特化した患者満足度調査(実績:800診療所、患者3万人以上)の実施及び患者満足度向上に関するコンサルティングを提供するスナッジ・ラボ(株)を設立。代表取締役。

【所属学会】
日本総合診療学会/日本プライマリ・ケア学会
日本医学教育学会/医療の質・安全学会
日医療・病院管理学会/NPO日本インターネット医療協議会運営委員
NPO日本医療教育プログラム推進機構理事
【主な著書】
『患者満足度〜コミュニケーションと受療行動のダイナミズム〜』2003 日本評論社
『実践!患者満足度アップ』2005、日本評論社
『コミュニケーション スキル トレーニング -患者満足度の向上と効果的な診療のために』2007、医学書院 (分筆担当)
『患者不満とリスクマネジメント』2008、シービーアール

スナッジ・ラボ株式会社 代表取締役

 

このページのトップへ

医療費控除計算シートについて

以前より、岩崎先生よりご提案いただいておりました。岩崎先生、有難うございます!

自由診療の比率が高いSDC会員の先生方ですので、 高額な医療費治療の際、「医療費控除」の説明をされていることと思います。

実際に知らない患者さんも多くいると思いますし、また、知っている方でもどれくらい減税されるのか詳しくない患者さんがほとんどだと思います。

厳しい経済状況の中、患者さんにとっては、ただ、“税金が戻ってきますよ”よりも、より具体的に“どのくらい戻ってくるのか”が治療に踏み切る大きなポイントとなるかと思います。

医療費控除の計算は、個人の課税対象となる所得額により変わりますので、厳密な額まで出すのは難しいですが、患者さんが、戻ってくるおおよその金額をより簡単に計算できるよう、医療費控除計算シートを作成してみました。

金銭的な面で治療に躊躇されている患者さんに、医療費控除の具体的なメリットを説明をし、治療への後押しとしていただければと思います。

カウンセリングの際にお役立て下さい。

※ 左記の表を別紙にて添付します。
  データでご使用されたい先生がおみえでしたら、
  下記、藤原までご連絡下さい。
  クリニック名を入れたものをお送りさせていただきます!

  E-mail:info@sdc-japan.com

【注意点】
計算した額の差などで、後に問題とならないよう、“詳しくは税理士にご確認いただく”ことを口頭でもご説明下さい!

 

このページのトップへ

口コミはコントロールできる?

クリニックの情報は「口コミ」として伝わり強力なPRツールとなります!
口コミはコントロールできるのでしょうか?

たしかに、口コミを統制することは難しいのですが、よい口コミを促すマーケティング手法はあります。それは、次のような「口コミの方程式」を意識したマーケティングです。

「口コミの発生」=「伝えやすい」×「伝えたくなる」

公式の中の「伝えやすい」「伝えたくなる」をそれぞれ具体的に見ていきましょう。

「伝えやすい」の要件には、次のものが考えられます。
 1. 名前が短く、覚えやすい
 2. 特徴が絞り込まれていて、言語化しやすい
 3. 語るための材料がある

次に、「伝えたくなる」の要件は、次のとおりです。
 1. 既存患者の満足度を高める
 2. オリジナリティのある医療サービスを提供する
 3. 患者の意見を聞く

これらの要素が作用して、口コミは促進されます。

では、この方程式をクリニック経営に応用する場合、具体的に、どのようなことをすればいいのでしょうか。そのための効果的な策として取り入れたいのが、次の条件です。

「伝えやすい」の要件である「語るための材料がある」と、「伝えたくなる」の要件である「患者の意見を聞く」こと。

まず「語るための材料」は、院長先生のこだわりや心情、開業に至ったきっかけなどがあります。
そのようなエピソードを、ホームページに掲載するほか、待合室の掲示板を通じて患者さんに紹介すればいいのです。

次に、「患者の意見を聞く」ことを実践します。
患者さんの「こうしてほしい」という願いを聞き、かなえられる願いは実現させて下さい。

患者さんの願いを聞いた対応をされると、その患者さんは満足し、よい評判を周囲に伝えたくなるものです。このように「語るための材料」を用意し、「患者の意見に耳を傾ける」ことで、口コミを促すことができます。

ぜひ、この「口コミの方程式」を参考にして、集患に取り組んでみて下さい。

このページのトップへ

医療過誤と医療事故について

著作権保護のため、非公開

このページのトップへ

松本健先生のワンポイント講座

歯科医師 百木広太の労務カルテ #7 <オリジナル就業規則の作り方−2>

〜 前回までのあらすじ 〜

歯科医師『百木 広太(ももき・こうた)』は、自ら経営する『モコ・クリニック』オリジナルの就業規則作成に着手した。大学の先輩に紹介された社会保険労務士が、オリジナルの就業規則を作成するために重要なポイントを教えてくれた。それは、1.複数の専門家の意見を聞きながら作成すること、2.はじめにしっかりとしたヒアリングを受けること、の2点であった。

〜 ストーリー編 〜

「こんばんは」
「先生、診療後のお疲れのところ恐縮です」
前回と同様に、2人の社会保険労務士(「社労士」)がクリニックに来た。
「いえいえ、こちらこそこんな時間に来ていただいてすみません。今月は学会があったほか、色々な会合が多くて、なかなか時間がとれませんでした。さあ、こちらへどうぞ」
3人は、奥のスタッフ控室に入って行った。スタッフたちは、片付けを終えてすでに帰宅した後だった。

「前回のヒアリング内容を基に、就業規則の原案を作成しました。今回は、この原案の読み合わせを行います。1条ずつ、全文を読みながら確認していきますので、時間はかかりますが、実はこの就業規則原案の全文の読み合わせが、オリジナルの就業規則を作成する上で重要なポイントの3つ目なのです」 こうして、『モコ・クリニック』オリジナルの就業規則を作成するための2回目の打合せが始まった。
広太は、社労士が読み上げる条文を目で追いながら、内容を確認したり、用語の意味について質問をしたりしながら打合せが進められた。打合せにより規定内容を修正、追加することになった項目については、もう1人の社労士がメモをとっている。

「次は、試用期間についての定めです。では、条文を読みます。『第9条(試用期間)新たに採用された従業員については、入職日より3カ月を試用期間とし、従業員として適格と認められた者は、試用期間満了時に本採用とする。但しクリニックが認めた場合は、当該期間を短縮若しくは延長し、又は設けないことがある』という条文になっていますが、現状と異なる点はありませんか?」
社労士が条文を読み終えた後、広太に質問した。広太はやや考えてから答えた。
「そうですね、試用期間は3カ月で間違いないです。ところで、試用期間の3カ月って、長いですか?短いですか?試用期間って、一般にはどうなんでしょうか?」
「3カ月は一般的な長さだと思います。試用期間は、長すぎると好ましくないですし、短すぎると意味がないですし、3カ月位がちょうどよいのではないでしょうか」
「なるほどねぇ。そうだ、聞きたいことがあるんですけど、試用期間中だったらいつ解雇してもいいんですよね?」
当然というような顔をして質問をした広太に対して、社労士は少し厳しい表情で答えた。
「それは違います。試用期間中や、試用期間満了時には、クリニックの判断で自由に解雇することができると考えている先生が多いのですが、実はそうではないのです」
「えっ、そうなんですか?」
「はい、もし先生がそう考えているとしたら、痛い目にあいますよ。確かに、試用期間満了後に比べると、試用期間中の解雇の方が広い範囲で認められるという面はありますが、解雇の判断について、客観的に、合理的な理由がないと、解雇無効と訴えられるかもしれませんよ」
「そうなんだ…。試用期間中の解雇について、軽く考えていたなぁ。どうやら考えを改めないといけないようですね」

その後も、社労士が条文を読み、広太が質問し、解説を聞く、という打合せがしばらく続いた。
「それにしても、この打合せは勉強になりますね」
打合せもだいぶ進んで一段落というとき、ふとつぶやくように広太は言った。
「正直に言うと、初めに全文を読み合わせると聞いた時は、そんなこと時間がかかるだけで必要ないんじゃないかと思ったんですよ。でも、全文を読み上げてもらうと、細かい疑問点がいくつも出てきて、それらに答えてもらうことで法律の勉強になるし、実務上どうすればよいのかについてのアドバイスももらったし、本当にありがとう!」
「そう言っていただけるとこちらも嬉しいです。では、お時間ですので、続きは次回とさせていただきます」

2人の社労士が帰ったあと、広太は、椅子の背もたれに寄りかかって大きく伸びをした。診療後にさらに打合せを行ったため、肉体的な疲労感はあったものの、とても充実した気持ちであった。

≪次回に続く≫

〜 解説編 〜

○試用期間
  試用期間とは、雇入れ後、本採用前に労働者の適性をみるために設けられた一定の期間のことで、「試みの使用期間」とも言います。法律上は、必ず設けなければならないものではありませんが、経営サイドにとっては必須の制度と言えます。なぜなら、どんなにしっかりと面接を行ってスタッフを採用したとしても、見込み違いだったということがあり得るからです。

例えば、遅刻や欠勤が多く、指導しても改まらないスタッフがいる場合、そのスタッフが試用期間中の場合には、試用期間が満了し、本採用した後と比べると、クリニックの判断で解雇をすることのハードルが若干低くなります(※)。特に、試用期間中、かつ、雇入れ後14日以内であれば、解雇予告期間を設けることなく、即時解雇をすることが可能(労働基準法第21条)という、経営サイドにとってのメリットがあります。もし、試用期間を設けていない場合は、これらのメリットはありません。

しかし、試用期間中はいつでも解雇できると、勘違いの拡大解釈をする経営者の方も一部に見られますので、その点は注意が必要です。試用期間中の解雇については、通常の解雇よりも広い範囲で認められるとされていますが、合理的な理由もなく、恣意的に解雇することはできません。試用期間中の解雇が認められるのは、雇入れ前に知ることができないような事実を知ったために、その者を引き続き雇用することが適当でないと判断することに合理性がある場合に限られるのです(最高裁判所大法廷 判決 昭和48年12月12日)。

(※)就業規則中に、普通解雇の規定、懲戒解雇の規定のほか、試用期間中の解雇に関する規定を設けておくことが望ましいと言えます。

社会保険労務士 松本 健・著
特定社会保険労務士 横田 真保美・法律監修

このページのトップへ

歯科医院経営改善

著作権保護のため、非公開

このページのトップへ

SDCアドバイザー紹介

SDCでは、各分野の専門家の方にアドバイザーとなっていただいております。
ご相談されたい先生は、まずは事務局までご連絡下さい。

森山 満

森山 満

・昭和31年5月7日生 茨城県出身(出生地/新潟)
・昭和56年法政大学法学部 卒業
・民間企業勤務を経て、昭和63年司法試験合格
・平成3年弁護士登録(第2東京弁護士会所属)

【主な著書】
「債権管理・回収完全マニュアル」
「債権管理・回収の進め方」
「医療過誤・医療事故の予防と対策」(中央経済社)
「クレーム処理と悪質クレーマーへの対応」(商事法務)
「会社役員の職務と責任」
「会社財産の運用と管理」(共著・新日本法規出版)
【得意分野】
企業法務全般、危機管理、医療過誤(医療機関側)

森山経営法律事務所
医療過誤(医療機関側)分野専門

 

松本 健

松本 健

・平成8年3月 日本大学 国際関係学部 卒業
・平成8年4月 城南信用金庫 入社 狛江支店に配属
・平成12年1月 新井会計事務所(税理士事務所)入社
・平成15年4月 大村公認会計士事務所 入社
・平成16年1月 上記、大村公認会計士事務所 在職中に、
         事務所内独立により、社会保険労務士事務所
         (あおぞら事務所)を中央区銀座に開業
・平成17年1月 大村公認会計士事務所 退社に伴い、
         あおぞら事務所を渋谷区代々木に移転
・平成19年1月 株式会社あおぞら事務所を設立、
         代表取締役に就任

社会保険労務士 あおぞら事務所代表
株式会社あおぞら事務所 代表取締役

 

三宅 大輔

三宅 大輔

・昭和49年5月5日(子供の日)生 おうし座・O型・寅年 横浜市出身
・駒澤大学経済学部 卒業
・資格 シニア・ライフ・コンサルタント
トータル・ライフ・コンサルタント
社団法人生命保険協会認定FP
・趣味 ゴルフ 水泳
・座右の銘 「大きく打てば大きく響く 小さく打てば小さく響く」
・得意分野 個人向け生活設計のアドバイス
法人向け財務改善のアドバイス

社団法人 生命保険ファイナンシャルアドバイザー協会
  東京協会 理事
アクサ生命保険会社
  エグゼクティブ フィナンシャルプラン アドバイザー

 

八児 正紀

八児 正紀

・防衛大学校卒業
・英国証券、米国投資銀行を経て、
・医療法人福寿会へ移籍。
 理事長直轄で経営戦略立案・人材開発を担当する。
・埼玉回生病院事務部門代表、地域保健部コーディネータ、
 新病棟建設副委員長等を歴任。

1999年に独立後、複数のグループ診療所の立上・運営支援を行い
 事務長を歴任。
2001年に株式会社メンターズを設立。
 チェーンオペレーションを行う医療機関グループのマネジメント支援や
 品質管理、ヘルスケアセクターの新規事業に関する企画監修、
 株式公開支援、資金調達支援等を行っている。

(社)日本医業経営コンサルタント協会認定コンサルタント
  上級ビジネスコース修了(CABAC)
東京医科歯科大学医学部非常勤講師
  (保健医療福祉制度論演習)
(社)日本医業経営コンサルタント協会認定講師

 

このページのトップへ

SDC事務局より

無料セミナー (労務リスク対策)のご案内

【開催要項】

  日  時 : 平成22年1月27日(水)
  参加費 : 無料
  会  場 : 東京都千代田区九段北4-1-7 九段センタービルLB2会議室
        (JR総武線「市ヶ谷駅」下車 徒歩6分)
  共  催 : フォーユーメディカル株式会社、 株式会社JPコンサルタンツ・グループ
  協  力 : ピー・シー・エー株式会社、日本生命保険相互会社

【研修内容】

  15:00〜16:30 大変な時代を迎えた! 病医院の労務リスク対策
           講師 : 特定社会保険労務士 吉本俊樹氏
  16:40〜17:10 PCAが提案する病医院のための 業務統合システム
           講師 : ピー・シー・エー株式会社 メディカルソリューション
                事業部長 中平栄富氏
  17:20〜18:20 労務リスク対策無料個別相談会 (事前予約制)

*前日まで受け付けておりますのでご希望の先生はご連絡下さい!

SDCのウェブアドバイザーのご紹介

フォーユーメディカル(株)代表取締役 廣田祥司をSDCのウェブアドバイザーとさせていただきます!!

廣田 祥司

廣田 祥司

・SDC代表
・フォーユーメディカル株式会社代表取締役
・青山学院大学卒業
・立教大学大学院ビジネスデザイン研究科
  博士課程前期課程(MBA:経営管理学修士)
・立教大学大学院医療経営研究会所属
・全日本SEO協会 公認コンサルタント
・日本ベンチャー学会会員
・日本口腔ケア学会会員
・日本医療情報学会会員
・日本医業経営コンサルタント協会会員
・医療経済学会会員

 

SDC会員の皆様へ

SDCでは会員の先生方のご意見・ご要望をもとに、より充実したグループにしたいと考えております。
お気づきの点などございまいしたら、何でもご意見いただきたく、いつでもご連絡下さい。

【SDC事務局】

運営:フォーユーメディカル株式会社

〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町11-8 日本橋118ビル6F

TEL:03-5645-8338(担当:藤原)

E-mail:info@sdc-japan.com

このページのトップへ

SDC通信 バックナンバーはこちら

ご相談・お問合せ

不安や疑問を残さず、何でも
気軽にご相談ください。

無料メール相談