インプラント > SDC通信バックナンバー > SDC通信 Vol.12(2010年06月15日発行)

SDC通信Vol.12

第3回SDC総会のご案内

8月1日開催の第3回SDC総会の講演内容が決まりましたので、お知らせいたします。
グループ発展に向け、有意義な会にしたいと思っています。
また、会員間での意見交換など交流の場としていただくためにも是非ご出席下さるよう、お願いいたします。

会員様ご紹介の先生は懇親会も無料とさせていただきます。参加希望の先生がおみえでしたら、ご連絡下さい。

講演内容 (敬省略)

【13:10−14:10】 講師 : 患者満足度調査スペシャリスト スナッジ・ラボ株式会社 前田泉

集患・増収につながる患者満足度の追求

【14:15−14:55】 講師 : 野村證券 本社 ファイナンシャルコンサルタント

院長必須!!医療経営に役立つ変貌する資金潮流の知識

【15:00−15:30】 講師 : 横浜美容歯科 院長・医学博士 金子泰雄

成功する歯科医院経営の極意

【15:35−16:05】 講師 : 株式会社 待山会計コンサルティング 代表取締役・税理士 待山克典

医療に強い会計事務所の賢い活用法

【16:05−16:50】 講師 : 株式会社 待山会計コンサルティング 医業経営支援室 社会保険労務士 赤石健

頻発するクリニックの労務リスク対策

【16:55−17:20】 講師 : こうざと矯正歯科クリニック 院長・歯学 博士 上里聡

患者に信頼されるための学術発表とアピールについて

日時  平成22年8月1日(日)

(1) 総会   13:00〜17:50  六本木アカデミーヒルズ(ACADEMYHILLS)
(2) 懇親会  18:00〜19:30  六本木ヒルズクラブ(the French cellar)

このページのトップへ

抜歯後局所感染予防に対する評価方法の検討

抜歯後局所感染予防に対する評価方法の検討
 ― レボフロキサシン(クラビットR)を用いて―

第一三共製薬の「クラビット」を用いて抜歯後の感染予防に用いた臨床治験の論文です。 クラビットは最近では100mg製剤は無くなり、現在ではPKPD理論から250mgと500mg(1日1回内服)製剤に変わっています。 日本で生まれた世界に誇るニューキノロン製剤です。

しろもとデンタルクリニック名古屋
日本口腔外科学会専門医 野村六也

会員様向け情報のため、非公開

このページのトップへ

抜かずに切って後遺症知らず

著作権保護のため、非公開

このページのトップへ

患者満足度アップ

実践!患者満足度アップ

著者/前田 泉   出版社/日本評論社

目の前の患者さんに向き合えば、必ず満足度は向上する!

高い満足を提供する医師や病院への継続受診や口コミで患者が集まる。
実際に満足度を高めるためのコミュニケーションスキルを紹介。

 

著作権保護のため、非公開

このページのトップへ

松本先生のワンポイント講座

歯科医師 百木広太の労務カルテ #10 <オリジナル就業規則の作り方−5『整理解雇』>

〜前回までのあらすじ〜

歯科医師『百木 広太(ももき・こうた)』は、自ら経営する『モコ・クリニック』オリジナルの就業規則を作成するため、2人の社労士との打合せを重ねている。社労士の一人が広太との話を進めて、もう一人の社労士が打合せ内容のメモをとる。広太の質問には2人のうちのどちらかが回答する。スムーズに打合せが進行するスタイルが確立されていることに、広太も感心しきりであった。

〜 ストーリー編 〜

「懲戒の種類ですが、“譴責”、“減給”、“出勤停止”、“懲戒解雇”の4種類を、この規定案では用意しています。譴責と言うのは…」
「あ、待って!」
社労士の説明の途中で広太が口を開いた。
「“懲戒解雇”は、悪いことをしたら辞めてもらうよ、ってことかな?」
「はっきり言ってしまえば、そういうことになりますね」
「悪いことをしていない場合、つまり“懲戒解雇”以外にも解雇の規定があったよね? あれは…」
「はい、いわゆる“普通解雇”と呼ばれるものですね。業務能力や勤怠状況などが著しく不良であり、指導・注意したにもかかわらず改善されない場合などが解雇事由とされます」
「ふーん、なるほどねぇ」
広太は腕組みをしながら椅子の背にもたれ天井を見上げた。沈黙の時間が流れた。

 「ちょっと聞きにくいんだけど…」
広太には珍しく、歯切れの悪い口調で話し始めた。
「あのさ、悪いことをしたわけでもなく、普通に仕事のできるスタッフで、もちろん定年でもないんだけど…」
「辞めてもらいたいスタッフがいらっしゃるのですか?」
「うーん、特定のスタッフというわけではなくて、1人か、できれば2人、辞めてもらえると…」
「経営的に助かる、ということですか?」
「言いにくいことをズバッと言ってくれるねぇ」
「すみません」
「いや、いいんだ。こちらこそ、すまない…」
そう言ったきり、広太はまた黙ってしまった。
どうにも今日の広太は変だ。社労士はやりにくさを感じた。

 しばらくして、また広太が話し始めたが、いつもの元気が無い。
「先月の初めに、ウチの近くに新しいクリニックがオープンしたんだ。インターネットやポスティングなどの広告宣伝をバンバンしているみたいで、かなり患者さんが流れているんだよ」
「そうでしたか」
「こういう場合、スタッフにやめてもらうとしたら、就業規則での扱いはどうなるの?」

 広太の質問に対して、社労士はつとめて冷静に話し始めた。
「就業規則では、いわゆる“普通解雇”の事由の1つとして、『事業の縮小等その他業務の都合により、従業員の一部解雇の方針を決定したとき』という規定を設けてあります。いわゆる“整理解雇”と呼ばれるものです」
「じゃあ、解雇できるの?」
「いいえ、簡単にはできません。整理解雇の4要件と呼ばれるものがあり、その要件を満たしていない場合、解雇無効と判断される可能性が高くなります」
「でも、それでクリニックがやっていけなくなったら元も子もないじゃない」
「確かにそうですね。それでも、何らの落ち度も無いのにいきなり雇用契約を破棄されることになるスタッフのことを考えると、簡単に整理解雇を認めるわけにはいかない、というのがこれまでの裁判例になっています」
またしても、沈黙の時が訪れた。

 今度の沈黙を破ったのは社労士だった。何かを決意したような表情で話し始めた。
「百木先生、就業規則を作成しようと決められたときのこと、覚えていますか?クリニックを守るための規則を中心に、必要最小限の規程案の作成を私が提案したとき、先生はこう言ったんです。」

 『せっかくコストを掛けて作るんだったら、スタッフのことを考えて、スタッフから見て、あって良かったと思えるオリジナルの就業規則を作成したい。スタッフの仕事のしやすさが高まることによって、質の高いサービスを提供できるようになり、結果として患者さんの満足度が上がる。遠回りに思えるかもしれないけど、クリニックの経営が安定する近道なんじゃないかと思う』

 「そんなアツイこと言ったっけ? 恥ずかしいな…」
「恥ずかしいことなんかじゃないですよ。立派な考え方です。そして、それは間違っていないと思います。信念を持って進めましょう!」
社労士の励ましに広太は目頭が熱くなった。そして力強くうなずいた。
「よし! やろう!」

≪次回に続く≫

〜 解説編 〜

○整理解雇の4要件

 整理解雇とは、不況や経営不振等による企業の倒産を防ぐために行う人員整理(解雇)のことを言います。これについて、これまでの裁判例の中で、下掲の“整理解雇の4要件”というものがまとめられました。整理解雇については、これらの4要件を満たしていない場合、解雇無効と判断される可能性が高くなりますので、十分に留意する必要があります。
(裁判における解雇無効の判断は、4要件を踏まえた上で、個別の事情を総合的に考慮して行われます。)

【 整理解雇の4要件 】

  • 1.人員整理の必要性  : 経営上、真に人員整理をする必要があるか
  • 2.解雇回避の努力義務 : 解雇以外の措置の検討など、解雇を回避する努力を尽くしたか
  • 3.被解雇者の選定基準 : 被解雇者の選定基準が、客観的かつ合理的であるか
  • 4.解雇手続きの妥当性 : 労働者側に対して十分に説明し、協議を尽くしたか

なお、解雇に関する一般的な注意点については、
≪歯科医師 百木広太の労務カルテ#1 〜解説編〜≫に記述しました。
また、試用期間中の解雇に関する注意点については、
≪歯科医師 百木広太の労務カルテ#7 〜解説編〜≫にて言及しました。
本編と合わせてご参考にして下さい。

社会保険労務士 松本 健・著
特定社会保険労務士 横田 真保美・法律監修

このページのトップへ

SDCアドバイザー紹介

SDCでは、各分野の専門家の方にアドバイザーとなっていただいております。
ご相談されたい先生は、まずは事務局までご連絡下さい。

森山 満

森山 満

・昭和31年5月7日生 茨城県出身(出生地/新潟)
・昭和56年法政大学法学部 卒業
・民間企業勤務を経て、昭和63年司法試験合格
・平成3年弁護士登録(第2東京弁護士会所属)

【主な著書】
「債権管理・回収完全マニュアル」
「債権管理・回収の進め方」
「医療過誤・医療事故の予防と対策」(中央経済社)
「クレーム処理と悪質クレーマーへの対応」(商事法務)
「会社役員の職務と責任」
「会社財産の運用と管理」(共著・新日本法規出版)
【得意分野】
企業法務全般、危機管理、医療過誤(医療機関側)

森山経営法律事務所
医療過誤(医療機関側)分野専門

 

松本 健

松本 健

・平成8年3月 日本大学 国際関係学部 卒業
・平成8年4月 城南信用金庫 入社 狛江支店に配属
・平成12年1月 新井会計事務所(税理士事務所)入社
・平成15年4月 大村公認会計士事務所 入社
・平成16年1月 上記、大村公認会計士事務所 在職中に、
         事務所内独立により、社会保険労務士事務所
         (あおぞら事務所)を中央区銀座に開業
・平成17年1月 大村公認会計士事務所 退社に伴い、
         あおぞら事務所を渋谷区代々木に移転
・平成19年1月 株式会社あおぞら事務所を設立、
         代表取締役に就任

社会保険労務士 あおぞら事務所代表
株式会社あおぞら事務所 代表取締役

 

八児 正紀

八児 正紀

・防衛大学校卒業
・英国証券、米国投資銀行を経て、
・医療法人福寿会へ移籍。
 理事長直轄で経営戦略立案・人材開発を担当する。
・埼玉回生病院事務部門代表、地域保健部コーディネータ、
 新病棟建設副委員長等を歴任。

1999年に独立後、複数のグループ診療所の立上・運営支援を行い
 事務長を歴任。
2001年に株式会社メンターズを設立。
 チェーンオペレーションを行う医療機関グループのマネジメント支援や
 品質管理、ヘルスケアセクターの新規事業に関する企画監修、
 株式公開支援、資金調達支援等を行っている。

(社)日本医業経営コンサルタント協会認定コンサルタント
  上級ビジネスコース修了(CABAC)
東京医科歯科大学医学部非常勤講師
  (保健医療福祉制度論演習)
(社)日本医業経営コンサルタント協会認定講師

 

前田 泉

前田 泉

東北大学卒。
英国国立レスター大学経営学修士課程修了(MBA)。
外資系製薬会社にてマーケティングに従事後、2004年5月に医療分野に特化した患者満足度調査(実績:800診療所、患者3万人以上)の実施及び患者満足度向上に関するコンサルティングを提供するスナッジ・ラボ(株)を設立。代表取締役。

【所属学会】
日本総合診療学会/日本プライマリ・ケア学会
日本医学教育学会/医療の質・安全学会
日医療・病院管理学会/NPO日本インターネット医療協議会運営委員
NPO日本医療教育プログラム推進機構理事
【主な著書】
『患者満足度〜コミュニケーションと受療行動のダイナミズム〜』2003 日本評論社
『実践!患者満足度アップ』2005、日本評論社
『コミュニケーション スキル トレーニング -患者満足度の向上と効果的な診療のために』2007、医学書院 (分筆担当)
『患者不満とリスクマネジメント』2008、シービーアール

スナッジ・ラボ株式会社 代表取締役

 

廣田 祥司

廣田 祥司

・SDC代表
・フォーユーメディカル株式会社代表取締役
・青山学院大学卒業
・立教大学大学院ビジネスデザイン研究科
  博士課程前期課程(MBA:経営管理学修士)
・立教大学大学院医療経営研究会所属

全日本SEO協会 公認コンサルタント
日本ベンチャー学会会員
日本口腔ケア学会会員
日本医療情報学会会員
日本医業経営コンサルタント協会会員
医療経済学会会員

 

フォーユーメディカル(株)代表取締役廣田祥司をSDCのウェブアドバイザーとさせていただいております。

このページのトップへ

SDC事務局より

マンスリーレポートにモバイルのログ解析を追加!!

現在、SDC通信の別紙で、PCサイトのウェブ調査をマンスリーレポートにてご報告しておりますが、今月よりモバイルサイトの解析も追加いたしました!
ご活用いただき、ご不明な点がありましたら、いつでもご連絡下さい。

第3回SDC総会のお知らせ

第3回SDC総会 8月1日(日)13:00〜
<総会会場>
  六本木ヒルズ森タワー
  アカデミーヒルズ
<懇親会会場>
  六本木ヒルズクラブ(the French cellar)

参加者には「患者満足度」「メディカルマーケティング」の書籍をプレゼント!
※現在、非会員の歯科医師20名ほど、申し込みを受けております。

上里先生、東京フォーラムで授賞式

こうざと矯正歯科クリニック院長 上里聡先生が
日本顎咬合学会の口演部門、ポスター部門優秀発表賞を受賞されました!!
(6月12日に東京国際フォーラムで授賞式)

上里聡先生のWIOC講演

こうざと矯正歯科クリニック 院長 上里聡先生が
日本矯正歯科学会からの推薦で、2010.12.10からTaiwanでの

World Implant Orthodontic Conference

で講演されます!(http://www.wioc2010.org.tw/index.html

【SDC事務局】

運営:フォーユーメディカル株式会社

〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町11-8 日本橋118ビル6F

TEL:03-5645-8338(担当:藤原)

E-mail:info@sdc-japan.com

このページのトップへ

SDC通信 バックナンバーはこちら

ご相談・お問合せ

不安や疑問を残さず、何でも
気軽にご相談ください。

無料メール相談