インプラント > SDC通信バックナンバー > SDC通信 Vol.20(2011年2月22日発行)

SDC通信Vol.20

バイオインテグレーション学会の報告

1月23日(日)に東京医科歯科大学にて開催されました、「バイオインテグレーション学会」の発足記念シンポジウムに参加してきました。当学会はSDC廣田代表と親交のある青木秀希先生を理事長とする「バイオインテグレーションを利用した歯科インプラント医療の発展と向上に貢献することを目的とした」学会です。全国から180名以上の先生方が参加されており、活気のある会場でした。SDCからは、上里聡先生とSDC代表廣田、SDC事務局舟橋の3名で出席しました。

 

午後からの総合討論では、青木先生を中心に春日井先生、田中先生、寳田先生、矢島先生、山上先生、山下先生、石本先生と学会に出席された先生方との間で、HAコーティングインプラントについて熱心な討論が行われました。

【午前基調講演】 (10:00〜12:15)
  • 1. 「歯科インプラントを科学する」
    青木秀希(国際アパタイト研究所 所長)
  • 2. 「インプラント治療におけるHAの有用性」
    春日井昇平(東京医科歯科大学 医歯学総合研究科教授)
  • 3. 「HAインプラントの信頼性を長期症
    田中收(東京医科歯科大学客員臨床教授)
【午後シンポジウム】 (13:15〜16:30)

「オッセオインテグレーションとバイオインテグレーションを臨床的に検証する」

司会: 矢島安朝

  1. シンポジスト: 寶田博(東京セントラル歯科 院長)
  2.          矢島安朝(東京歯科大学口腔インプラント学講座教授)
  3.          山上哲ッ(京都インプラント研究所所長)
  4.          山下忍(嵌植義歯研究所)
  5.          石本光則(石本歯科クリニック)

このページのトップへ

厚生行政関連情報

宮城県 歯と口腔の健康づくり推進条例制定2011年1月

著作権保護のため、非公開

平成23年度税制改正大綱決定
4段階制・事業税非課税特例措置は存続
2011年1月

著作権保護のため、非公開

社会保障・税番号大綱を6月公表
1.31 政府・与党社会保障改革検討本部
2011年2月

著作権保護のため、非公開

このページのトップへ

クリニックのための労務リスク対策

今月は「評価基準リスク」を回避するための方法を説明します。

スタッフの皆が見ることができる"計り"としての評価体制を作ることが「評価基準リスク」を回避する方法です。では、どの様な評価体制であればよいのでしょうか。

スタッフが共感できる評価体制を作り上げた、あるクリニックの例を2回に分けてご紹介します。

<1> まずは「目標」作り

まず最初に、クリニック全体で共有できる具体的な「大目標」を院長が設定しました。

  • 大目標:「1日の来患数を1割増やす」

スタッフに「大目標」を説明し、達成するための具体的な方法を、自分の業務でなくても構わないとして、スタッフから一人3つずつ提案してもらいました。この提案をどの部署に係わる内容なのか整理して、院長と各部署のスタッフとで、部署毎の「小目標」を3つ決めました。

  • 受付の小目標:「キャンセル防止のための電話連絡」

<2> 「規準」「基準」の設定は時間をかけて

次に「小目標」を達成するために必要な能力=「規準」と、能力の標準=「基準」を定めましたが、これは各スタッフの役割分担を明確にすることにもつながりますので、時間をかけてスタッフと決めていきました。スタッフ主導で決めていくことで、評価が受け入れやすくなります。

<3> "見える"評価

評価は、次の三つに対して行いました。

「大目標」に対する評価
⇒ クリニック全体で一律の評価とし、院長が判断
「小目標」に対する評価
⇒ 部署全体で一律の評価とし、各部署毎の自己評価を基に院長が判断
「基準」に対する評価:
⇒ 各スタッフ毎の評価とし、自己評価と上席者評価を基に院長が判断

ここで大切なことは、「自己評価」をさせるということです。

ここまででスタッフは、自分の評価は誰が何を基準として判断しているかということを理解することができました。これで、各スタッフを巻き込んだ"見える"評価体制は出来上がりました。

ただし、理解しただけではスタッフの不平不満はなくなりません。次回は、この"見える"を更に"共感できる"評価体制にするために、このクリニックがとった方法を紹介します。

次回も引き続き「評価基準リスク」についてご説明します。

このページのトップへ

「院内感染予防」の実情と対策 歯科医院リスクマネジメント

事故発生の要因と予防対策指針

  • <1> 医療事故はなぜ起こるのか
  • <2> 院内感染予防対策指針

著作権保護のため、非公開

このページのトップへ

SDCアドバイザーのご紹介

ドクター専門のファイナンシャル・プランナーがアドバイザーに加わりました。

ファイナンシャル・プランナー 三橋 浩美

三橋 浩美

フォーユーメディカル株式会社

メディカルマーケティング事業部
営業推進グループ マネージャー

1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
日本FP協会認定CFP(国際資格)
成城大学法学部法律学科

ドクターの特性に則したファイナンシャル・プランニングを提案。資産形成、資産の有効活用、リスクマネジメント、節税対策など、生命保険を活用したドクター専門のファイナンシャル・プランナー。

 

このページのトップへ

第4回SDC総会のおしらせ

7月10日(日)に決定

第4回のSDC総会の日程が、7月10日(日)に決定致しました。現在、講演内容を詰めているところです。海外の歯科市場の最新動向やインプラントの難症例の報告、歯科医師向けのファイナンシャル・プランニング等、各先生方に講演依頼中です。ご期待ください!!

【SDC事務局】

運営:フォーユーメディカル株式会社

〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町11-8 日本橋118ビル6F

TEL:03-5645-8338(担当:藤原)

E-mail:info@sdc-japan.com

このページのトップへ

SDC通信 バックナンバーはこちら

ご相談・お問合せ

不安や疑問を残さず、何でも
気軽にご相談ください。

無料メール相談