インプラント > SDC通信バックナンバー > SDC通信 Vol.27(2011年9月15日発行)

SDC通信Vol.27

リリース目前!「COCKPIT」ツールについて

7月10日に行われた第4回SDC総会にて発表させていただいたCOCKPITの開発が着々と進んでおります。このツールはSDC会員様には標準機能としてご提供させていただく予定となっております。

総会時には簡単な概要しかお伝えすることができませんでしたが、今回はおさらいも兼ねて「COCKPIT」の特徴や機能、活用の仕方などをご案内させていただきます。

間もなくリリースを迎える 「COCKPIT」 というツールを一言で表すと「歯科医療特化型 情報ツール」です。

今回の仕組みが完成すると、それぞれの歯科医院様にアカウントが発行されます。ログイン画面にIDとPASSを入力していただくと以下のような会員様専用画面が表示されます。

※現在開発中につき、メイン画面はリリース時と異なる可能性があります。

今回リリースする「COCKPIT」主な機能

【ニュース&イベント】

歯科医療に関するニュースや情報を、RSS機能を使いそれぞれのサイトから収集し表示させます。

【SDC新着情報】

SDC事務局から会員の皆さまに、イベントやセミナーの告知。医療情報やお役立ち情報の発信をいたします。

【D-ストリーム】

セミナーや総会、勉強会の映像を動画でご覧いただくことができます。
バックナンバーも保存してありますので、お好きな時間に動画を閲覧することができます。

【カレンダー】

会員の先生のスケジュールを、googleカレンダーの機能を用いて管理いたします。

【アドバイザリー相談】

SDCが提携するそれぞれの業界のプロフェッショナルに、個別メール相談ができる機能となっております。

【トップ画面カスタマイズ】

トップ画面は先生の使いやすいスタイルにカスタマイズすることが可能です。(メニュー配置など)

このように、便利で役立つ機能が一つの画面から閲覧・管理することができるようになります。診療の合間に症例などを調べるなど、会員の先生のニーズとご要望に合わせてご利用いただくことができます。

また、今回の開発にあたっては「i-pad」にも目を向けております。

話は少し脱線しますが、最近「i-pad」を手元に置いて診療を行うドクターが増えてきているようです。インターネットをご利用いただけることは勿論、患者さんに過去の症例の写真や動画を使いながら説明ができたりと大変便利なようです。

「COCKPIT」はリリース後も随時バージョンアップを重ねていく予定です。会員の皆さんからのご意見や要望をいただきながら共に進化していきます!

繰り返しになりますが、SDC会員の皆様は標準機能としてご利用いただくことができます。間もなくリリースを迎えますのでぜひご期待くださいませ!!

このページのトップへ

クリニックのための労務リスク対策

今回は“メンタルヘルスリスク”についてです。

メンタルヘルスリスクを回避するには、どうすればよいでしょうか。

<1>メンタルヘルスに対する考え方の変化

日本の社会は、戦後の“生き残る”ために鎬を削る『弱肉強食』時代から、高度成長期の “ナンバーワン”を目指し“勝ち抜く”ことに価値を見出した『競争社会』時代を経て、現在は閉塞感や停滞ムードの中で、それが例え“小さな差異”でしかなくても“オンリーワン”であることを主張し合う『共存共栄』時代となっています。

そんな時代の変遷と共に、“メンタルヘルス”に対する考え方も、「仕事でストレスを抱えるのは当たり前、胃にポリープができて始めて一人前」といった個人意識の問題として捉える考え方から、組織や国が対策すべき社会全体の問題という考え方に変わってきています。

<2> メンタルヘルスケアの役割による区分け

“メンタルヘルス”に対する考え方の変化に合わせて、厚労省では2000年に発表した「事業場における労働者の心の健康作りのための指針」(「メンタルヘルスケア指針」)により、初めてまとまった形で「職場における“メンタルヘルスケア”」についての方向性を示しました。

この指針では、職場におけるメンタルヘルス対策を誰が行うかという視点から次の4つに区分しています。

①セルフケア
労働者自らが行うケア
②ラインによるケア
上司が行うケア
③事業場内産業保健スタッフ等によるケア
職場内のメンタルヘルスに関わる担当者
(衛生管理者、人事担当、産業医など)が行うケア
④事業外資源によるケア
職場外のメンタルヘルスケアに関わる機関や専門家
(保健推進センター、健保組合、コンサルタントなど)が行うケア

<3> 「新メンタルヘルスケア指針」による職場の責任増

前項で紹介した「メンタルヘルスケア指針」から6年後の2006年に、法人や組織がより積極的に関与することを努力義務として要請した「新メンタルヘルスケア指針」が発表されました。

この指針では、従前は自分自身で行うものと位置付けられていた「セルフケア」に対しても、職場が「メンタルヘルス」の教育や情報提供を行い、不調症状に気付く体制を構築し、不調による休業からの復帰を支援していくことを要請しています。これによって職場でのメンタルヘルスに対する責任は更に増加しました。

職場でのメンタルヘルス不調スタッフの取り扱いが難しい理由は、不調の要因が単に職場環境によるものではない点にあります。もう一つの要因として、本人の病気への罹り易さ(発病脆弱性)が絡むため、本人と周囲に「本人が悪い」「病気のせいにしてサボっている」「病気だと認めたくない」「誰もわかってくれない」といった負の感情連鎖が生まれ、それが取り扱いを困難にする大きな理由となっています。

このページのトップへ

患者満足度向上を図る 歯科医院のクレーム対応

4.クレーム対応の実践方法

著作権保護のため、非公開

このページのトップへ

新規会員のご紹介

仙田歯科医院院長 仙田 直樹先生
〒170-0004 東京都豊島区北大塚3-27-16 シティコート北大塚1F
仙田 直樹先生

プロフィール

  • 1971年 栃木県足利市生まれ
  • 1995年 日本大学歯学部卒業
  • 2000年 日本大学大学院卒業
         歯学博士(歯周病学)学位授与
  • 2009年4月より豊島区歯科医師会理事就任
  • 2011年2月 ニューヨーク大学歯学部
            (NYU-CD)CDEプログラム卒業

<専門資格>

  • 日本歯周病学会歯周病専門医
  • 日本顎咬合学会かみあわせ認定医
  • 国際インプラント学会認定医
  • 国際インプラント学会
    (AIAI) Clinical Oral Implantology (認定医)

<所属学会>

  • ICOI(International Congress of Oral Implantologists) 国際インプラント学会会員
  • 日本口腔インプラント学会会員
  • 国際インプラント学会会員
  • 日本一般臨床医矯正研究会会員
  • 日本歯科保存学会会員
  • 日本歯科審美学会会員
  • ポール式マウスガード研究会会員

<スタディグループ>

  • お茶の水EBM臨床研究会会員
  • JIADS CLUB会員
  • 徳島インプラント・再生センター 歯周病・学会担当
  • インプラント専門医相談室
【SDC事務局】

運営:フォーユーメディカル株式会社

〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町11-8 日本橋118ビル6F

TEL:03-5645-8338(担当:藤原)

E-mail:info@sdc-japan.com

このページのトップへ

SDC通信 バックナンバーはこちら

ご相談・お問合せ

不安や疑問を残さず、何でも
気軽にご相談ください。

無料メール相談